ハウスメーカーの展示場

住宅着工は、最高時の一八○万戸から一○○万戸を下回る水準にまで落ち込んでいる。大手ゼネコンの下請け、孫請け業者の間では見積書を書く必要がなくなったと話しているのを耳にしたことがある。理由は、見積書の金額とは関係なく、元請の指示した金額でできない場合は、その仕事からおろされるということだ。これと同じように、ハウスメーカーの下請け、孫請けでも施工単価の切り下げが盛んに行なわれ、指示単価でできない場合は不況の折、やりたい業者はいくらでもいる、と脅されることまであると聞く。ある人は、半値八掛と表現しているが、仮に坪単価六○万円で受注したものが二四万円で施工されているとしたら問題である。四○坪の住宅を坪当たり六○万円で契約したとすれば、消費税を除く受注金額は二四○○万円。これを半値八掛で計算すると、工事原価は九六○万円となる。これに照明器具、ユニットバス、洗面台、システムキッチンと衛生器具などをプラスしても半値に届かない。八掛の部分が支給部材を除いた完全な、下請代金であるとすれば、この表現は誇張したものになる。確かに展示場維持経費、本社分負担経費、営業経費、宣伝広告料等々莫大な間接経費を計上していくと、施工原価をいかに圧縮していかなければならないかもわかる。施主側が、ハウスメーカーの展示場と同じように造って欲しいと言うのが一番簡単だと言った工務店もいるように、この場合大きな利益が見込める。予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。家 高く売る ←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。

DY055_L

大手ハウスメーカー

地域によって異なるので一概には言えないが、当地では地元テレビ局四社が運営にあたっている。テレビ局にとっては、地主との賃貸契約によって確保した土地に、大手ハウスメーカーを中心に数社、または数十社と契約を結び、展示場を開設するのは相当旨味のある商売らしい。各地で大手ハウスメーカーの攻勢に遭い、地元業者は苦戦しているのが現実で、これにつけ込み、業者の飛びつきそうな触れ込みで、フランチャイズ式の加入者を集めるための講演会が盛んに行なわれている。大部分は工法の違いを表現したものや、ローコストをセールスポイントにしたものである。いずれもロイヤリティーや部材の納入によって、加入者が確保できれば面白い商売に違いない。一年ほど前に、知人に誘われ、義理で「医療保険制度改正に伴う、医療機関の増改築獲得法」という講演会に参加したことがあった。休憩を挟んで三時間の中で半分はローコスト住宅の参加勧誘であった。加盟料五○○万円は大金である。大手建材メーカーでも認定店制度を行なっているところもあるが、この場合、数十万円程度の講習料や看板料が義務づけられている。このメーカーの建材を使用している業者を対象にしているが、認定店になっている業者の中で本当に工法を理解し、ユーザーのための信頼できる施工を行なっているかどうかは疑問が残る。売上至上主義を掲げる企業にとっての方策としてとらえるのか、または、それを利用して独自性を組み立てるのかは業者の取り組み次第である。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。

DY041_L

木の持つ特性

図面上で廊下の幅が、柱と柱の中心が九一○ミリとなっているのに、実測したら九一三ミリあった場合に、精密な機械を作る考え方と比較しても欠陥とは言えない。生活している内に、ドアや引き戸がきつくなるというのは木の持つ特性であり、空気中に含まれる湿度の増減によるものである。問題は、大手ハウスメーカーなどで行なっている二○年、三○年の保証内容である。ユーザー側から見ると、この長期保証は一見、大手メーカーにしかできないすばらしい保証制度と思われがちであるが、実際は一○年後に有料メンテナンスを指定業者によって受けることが義務となっており、更にこれによる指摘事項の補修を有料にて行なった場合に限り、一○年の保証延長を行なうとなっている(表②)。一○年後にユーザーが自分の費用で補修するなら、初めから保証はないようなもので、この言葉のに惑わされてしまう。寧ろ綾(あや) 「ユーザーの使い方、管理の仕方が悪い場合には保証できません」と表現するのが親切と思うが、いかがだろうか。バブルの到来と同時に、ものすごい勢いで各地に展示場ができた。私の住んでいる人口三三万人の都市にも、現在五ヶ所、そのほか業者独自の展示場が八ヶ所くらいあり、人口二○○万人の福島県全体では、一三ヶ所以上も常設され、大手ハウスメーカーと言えども、その維持に莫大(ばくだい) な資金がかかるのではと、他人事でも心配になる。地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。

DY045_L

住宅産業

苦痛を訴えても施工業者側は決められた基準内のものを使用しているからと言い逃れができる。いつの世にも旨い話はない。我が国の建築費は高いと言う前に、完成引き渡しが完了したらマイホーム造りは終わったという考えを捨て、これから自分達のマイホーム造りが始まると思わなければ、建築費の引き下げは可能にならない。次に保証の問題であるが、暇疵保証については法令で一○年という期間が定められた。しかし実際には、災害でもない限り一○年以内に問題が発生することは少ない。マスコミで報道された欠陥住宅問題が基本となったが、安普請の公営住宅でさえ三○年以上経過したものがたくさんある。報道された欠陥住宅問題は、第一に宅地造成上の問題であり、開発申請を受理する役所が調査と指導を怠った結果であり、盛土や切り土と重機による整地のみの開発行為こそ規制すべきである。地盤の調査を行ない、地下構成を明らかにして、その改善を義務づけることこそ開発業者に課すべきではないか。宅地は安全なものが販売されるべきであり、買った人や、そこに建物を建てる業者に負担や責任を押しつけるのは、公平さを欠く役人の身勝手な発想としか思えない。全ての販売行為の中で、安全性が保証されないものは宅地の販売くらいである。住宅産業はクレーム産業と言われるように一○○%の精度を求めることはできない。リフォームなど大きな出費をしなくても、有効な地震対策も有ります。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。

DY044_L

広告宣伝

これほど、ホルムアルデヒド含有建材が問題になっても、経済産業省が設定した基準が、含有量によってランク分けされているのは不思議な話だ。なぜなら、ドイツなどでは安全な基準を設けることはあってもランク分けをすることはない。ランク分けすることによって、メーカーが、それぞれの製品を生産し続けているとすれば、施工者はなんらかの理由でその製品を使用していることになる。なんらかの理由とは、ローコストであったり、見積り競争に勝って受注を獲得するためであったりで、全てではないが否定する理由も見当たらない。広告宣伝の範曙で問題を指摘するなら、仕様基準が明確になっていない点で、坪○○万円では生活環境の確保が難しく、追加工事費及び設備面での追加負担分が加算される仕組みになっていると聞く。我が国独特の坪単価いくらという建築費の表示方法には多くの問題が含まれている。坪単価を求める施主側にも責任がある。仕様部材の確認を行なわないまま、坪単価のみで「設備用品は後でカタログをお持ちします」という話を鵜呑みにして工事誼貝契約書にサインして、工事着工後に持ってきたカタログに唖然(あぜん) とし、不満を持っても解約すれば違約金を請求されることにおそれをなし、我慢という精神的苦痛を味わうことになる。いざ生活を始めて体調をくずすことになっても、仕様を確認していないから文句の付けようがない。不動産は売買も賃貸もリフォームも、失敗しない為には多くの知識が必要です。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。

DY028_L

自然の家

海が見えないところがあっても樹木が生えていないところはない。子供の頃から知らず知らずの内に、森や林の影響を受けて成長してきたにも関わらず、伐採されて建築材となった途端に無関心になってしまうのは悲しいことである。「樹の家」は、すなわち「自然の家」でなければ住む人の心を癒してくれる器とは言えない。最近、ある展示場の前を通ったら「建設省認定の家」と書いた看板が目に入った。そのときは気にも留めなかったが、折込広告を見て、建設省に住宅の認定制度があったかなという疑問を持った。よく考えると建設省は国土交通省に変更され、今は建設省という名称は存在しない。しかし国土交通省という名称は、まだ一般的には馴染みが薄い。建設省という名称の方がインパクトがある。存在しない建設省という名称を使っても、誰にも文句は言われないとの発想から生まれたのではないかと思う。一般ユーザーを馬鹿にした宣伝文句で、これに疑問を抱かないとしたら住宅産業の前途に未来はない。「坪○○万円」とは本当にローコスト住宅なのか。ローコストを売りものにしているハゥスメーカーの中には、大手建材メーカーの子会社となっているところもある。昔、地場の材木屋が在庫を減らすことを目的で、建売住宅の販売を行なった時期があった。シックハゥス症候群が話題になり、低濃度の建材がより多く出荷されるようになって、それまで生産されていた高濃度製品はどこへ行ってしまったのか、不思議でならない。リフォームは検討されておりませんか?←こちらからいろいろな不動産知識を蓄えましょう。

DY097_L

樹の家

住は食とともに医療の基本に関わるもので、カウンセリングなしに「健康住宅」などというものは存在しない。また実現も不可能である。一般に「木」と言えば身近なところにある割合に細いもの、「樹木」と言えばどっしりとした大木を連想されると思う。木のイメージで言えば、鉄骨系プレハブ住宅を除いて、全てが「木の家」となり、「樹の家」と言えば、構造材が太い柱で構成され、内部からこの柱が見える構造になっていなければ、誇大表現で誤解を招く。内部壁には二つの表現方法があって、一つは柱の内側に石膏ボードを張り、クロスや塗り壁仕上げにする大壁工法と、柱の側面の(あらわ) 謄穴(ほぞあな) に石膏ボードを差し込んで、柱を室内側に表しにする真壁工法がある(昔の建築では石脅ボードを使わないで、細い竹を編んだものに粘土を塗って仕上げた)。一般に和室は真壁が多いが、最近では大壁の和室も多くなった。しかし「樹の家」を自称したものの中にも、大壁工法でビニールクロス張り、アクセントに新建材の腰板や付け柱を使用したものが見られ、いかに表現の自由が保証されているとは言え、許しがたい。山村留学で都会の子供達が生き返るというのは、樹木から発せられるフィトンチッドの働きによるものである。休養のために温泉に行く。温泉場があるところは山に囲まれたところであり、山には種々の木々が生えている。言うまでもないが、保養地や別荘地を砂漠の中に求める人はいない。転居やリフォームを機に家具について再考してみるのも良いかもしれません。壁面収納を選択肢に入れてみましょう。←こちらのサイトからは、不動産関連情報をたくさん見られます。

DY087_L

健全な生き方

別な見方をすれば健全な生き方とも思える。大人の言うように、我慢して、我慢して、定職にあって精神的な病気になっては社会も困るし、本人の一生も駄目になってしまう恐れもある。まして老人医療のみならず、医療費のこれ以上の増加は、健康保険制度の崩壊を招くと同時に、自分で健康に気を配り、ほとんど医療機関の世話にならない人にとっては、不公平な制度として反発を招く。構造改革のために、国民にも我慢を強いると言うが、今我慢してしまっては、社会秩序が将来に渡って維持できなくなることもある。これまでの各種宣伝広告の中でも、以前に問題となった不動産広告に勝るとも劣らない誇大広告や事実と異なったものが目に留まるようになった。例えば、「健康住宅」「樹の家」「建設省認定」「坪○○万円」「夏涼しく、冬暖かい」「自然にやさしい」「○○年保証」等々で、更に工法の中にも、専門的に見ていくと事実と異なることがたくさんある。「健康住宅」についての定義がないので、それを規制する方法もない。確かに豪華できれいに印刷された折込広告を見ると、憧れもあって健康な住宅に見えるのは事実である。しかし過去の病歴、現在の健康状態、体質、触覚や臭覚、生活習慣、温感などは、人によって違うものなのに、健康を売りものにする住宅が、実質的にはパターン化されているというのはいかがなものか。地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。

DY095_L

家と仕事

また、ある人から二、三ヶ月前にあった話であるが、「一体最近の労働基準法はどうなっているんですかね。この前までの労働時間の短縮はどこへ行ってしまったのか」と怒って話された。この人の息子さんは二○○○年の九月、念願かなって、自分の希望する職種に就職することができたのだが、朝八時から夕方の五時までの勤務時間となっているのに、仕事がなくても夜九時前に帰ると翌日いじめられる。夜間(深夜)の仕事が続き、午前三時頃に帰宅しても、出勤時間の八時は守らなければならない。これが一週間に三日くらいは続き、多いときは一週間連続というときもあったという。結局、この息子さんは精神科の診察を受けることになったが、深夜手当は勿論のこと、残業手当さえも支払われていない。リストラ、倒産による失業者が溢(あふ) れ、労働者を守るための労働基準法が無視された雇用状態にあることを、御上(今の政府)は御存知なのだろうか。数人の若者と話をして気づいたことは、彼らは全く夢や希望を持っていないということである。会社のためとか家族のために働くという意識を全く持っていない。このため将来結婚することも、結婚して子供を育てようと思ったこともなく、束縛されないで生きたいというのが彼らの考えである。彼らは最初から定職についたことがないわけではない。定職の中で失望し、社会に失望して、今の生活を見つけたのではないかと思う。地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。

DY081_L

根本的に安全

家電製品も同様で、我々の生活を大きく変える道具として技術革新がなされてきたが、根本的には安全であることが重要であり、これを怠った場合には消費者から猛烈な非難を浴び、企業の存続をも左右することになる。自動車でも家電製品でも、大小や機能、装飾によって価格が異なるのは当然のことであるが、安全に対する配慮が価格によって異なることはない。従って、割合短い期間に消耗するような製品には安全が保証され、消費者もこれを疑う人は少ない。2大量生産による利便性の裏に、苦痛に耐えている現実性格は社会生活の中で、体制や組織の一員として秩序を守るために、自制する力が働き、コントロールすることも可能である。体質は、自分の体内に持っている免疫力以上のものが、自分の意思とは関係なく侵入してくると、耐えられなくなってしまう。新建材の開発は便利さや経済性のみを追求して、住む人の体質については、全く無視して大量生産による、大量消費の道をひた走ってきた。これら新建材から、揮発性の有害物質が拡散され、健康被害を招くことが問題となり、含有量の基準が設定されるようになった。先日、造園業者の社長と話をしていたとき、「うちの息子にも困ったもんだ。定職にも就かないで、二五歳にもなるのにアルバイトで生活しているんだから、親として恥ずかしいよ」と言った言葉が気になった。たくさんの物件をこちらのサイトから→ご覧いただけます。

DY088_L