住宅着工は、最高時の一八○万戸から一○○万戸を下回る水準にまで落ち込んでいる。大手ゼネコンの下請け、孫請け業者の間では見積書を書く必要がなくなったと話しているのを耳にしたことがある。理由は、見積書の金額とは関係なく、元請の指示した金額でできない場合は、その仕事からおろされるということだ。これと同じように、ハウスメーカーの下請け、孫請けでも施工単価の切り下げが盛んに行なわれ、指示単価でできない場合は不況の折、やりたい業者はいくらでもいる、と脅されることまであると聞く。ある人は、半値八掛と表現しているが、仮に坪単価六○万円で受注したものが二四万円で施工されているとしたら問題である。四○坪の住宅を坪当たり六○万円で契約したとすれば、消費税を除く受注金額は二四○○万円。これを半値八掛で計算すると、工事原価は九六○万円となる。これに照明器具、ユニットバス、洗面台、システムキッチンと衛生器具などをプラスしても半値に届かない。八掛の部分が支給部材を除いた完全な、下請代金であるとすれば、この表現は誇張したものになる。確かに展示場維持経費、本社分負担経費、営業経費、宣伝広告料等々莫大な間接経費を計上していくと、施工原価をいかに圧縮していかなければならないかもわかる。施主側が、ハウスメーカーの展示場と同じように造って欲しいと言うのが一番簡単だと言った工務店もいるように、この場合大きな利益が見込める。予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。家 高く売る ←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。

DY055_L